IGTC2015
Home > 本会主催行事 > 第45回日本ガスタービン学会定期講演会 講演募集 (松山)

第45回日本ガスタービン学会定期講演会 講演募集 (松山)

下記の要領で、第45回 日本ガスタービン学会定期講演会 を開催いたします。

◎ 開催概要
   * 主催  公益社団法人 日本ガスタービン学会   
   * 協賛  協賛団体はこちらをご覧ください。(依頼中を含む)  
   * 会場  松山市総合コミュニティセンター  
   愛媛県松山市湊町7丁目5、Tel: 089-921-8222  
   * 日時  2017 年 10 月 18 日(水)、19 日(木)  
   * 見学会  2017 年 10 月 20 日(金)  








 宿泊について
     会期中の宿泊は各自で手配ください。

関連日程
   * 講演申込締切 ・・・・・ 2017 年 月 07 日(金) 延長しました
   * 講演採否連絡 ・・・・・
2017 年 月 01 日(火) 暫定プログラム
   * 論文原稿締切 ・・・・・ 2017 年 月 01 日(金)




◎ 募集講演


 「研究報告」及び「技術紹介」に関する講演を募集いたします。
 「研究報告」の対象は、ガスタービン及びエネルギー関連技術に関する未発表の研究とします。一部既発表部分を含む場合には未発表部分が主体となるものに限ります。 「技術紹介」は、既発表の研究のレビューや関連情報(例えば、試験設備、設備運転実績等)の紹介等とします。講演論文集では「研究報告」と「技術紹介」の別を明示いたします。
 ガスタービン本体及びその構成要素、補機・付属品、補修技術、ガスタービンを含むシステムやユーザーの計画・運用及び保守実績に関する講演、ターボチャージャー、蒸気タービンなどに関する講演に加え、ガスタービン関連の技術(材料、製造、溶射など)に関する講演も歓迎します。













◎ 講演時間


  論文1件につき、講演15分、討論5分、合計20分です。

◎ 登壇者資格


  原則として、本会会員もしくは協賛団体会員に限ります(1人1題目の制限はありません)。

◎ 講演申込方法と採否決定
    日本ガスタービン学会ホームページで講演申込みを受付けます。
  FAXで申込む場合は、申込書に必要事項を記入し、日本ガスタービン学会事務局宛にFAXしてください。申込書はガスタービン学会ホームページからダウンロードするか、ガスタービン学会事務局にご請求ください。FAXで申込みを行った場合は、ガスタービン学会事務局に電話またはEメールにてその旨をお知らせください。締切後の申込みは受付けません。
WEB →    こちらの 講演申込ページ からお申込みください。(7月7日締切ました)
FAX →    公益社団法人 日本ガスタービン学会事務局 
  + 電話番号 : 03-3365-0095
  + FAX番号  : 03-3365-0387
  + Eメールアドレス : gtsj-office@gtsj.org
    講演の採否は日本ガスタービン学会において決定し、 8月1日(火)までにEメールにて連絡する予定です。

◎ 講演論文原稿の提出


  講演会に先立ち、講演論文原稿をご提出いただきます。講演論文を講演論文集原稿執筆要領(学会ホームページに掲載)に従って、A4用紙2~6ページ(技術論文に同時投稿または30日以内に投稿予定の場合は8ページまで可)で作成し、所定の講演論文原稿表紙を付して、期限までにEメールに添付した電子データ(PDF形式)として提出してください。原稿執筆要領および原稿表紙用紙は、講演採否の連絡時にお届けします。

◎ 技術論文としての学会誌への投稿


  原稿執筆要領に記載の要件を満たす「研究報告」の講演原稿は、著者の希望により、講演会終了後に通常の技術論文として投稿されたものとして受理されます。技術論文としての投稿を希望される場合は、講演論文原稿提出時に原稿表紙の所定欄に希望ありと記入し、さらに技術論文原稿表紙、論文コピー2部を添付していただきます。詳細は原稿執筆要領をご覧ください。

☆ 日本ガスタービン学会学生優秀講演賞


  学生による「研究報告」の内、特に優秀な発表に対して表彰を行います。表彰された発表に対しては表彰状及び副賞が授与されます。エントリー希望者は、申込時に所定欄の「エントリーする」に印をつけてください。

☆ 学生講演会参加旅費支援


  学生が登壇者として講演会に参加する際の旅費の一部を補助する予定です。申請方法や審査方法については、8月上旬に学会ホームページ等でお知らせします。